今日中にカードが作れる?

あると便利なクレジットカード。現金がなくてもカードがあれば支払いを済ませることができますし、コンビニなどで数百円単位でも買い物で使えるのでとても便利です。

 

そのうえ、カードによってはポイントがたまって買い物に利用できたり、提示することでいろいろな割引サービスを受けたりすることも可能です。

クレジットカード

 

そう考えると、どうせ支払うなら現金よりもカードがお得ということで、カードでの支払いをメインに買い物をしている方も少なくないでしょう。

 

さらにカードが役立つポイントとして、キャッシング枠がついていたり、支払いがリボ払いに変更できたりと、金欠の時には大変助かるサービスも付与されていることです。

 

いつも使うわけではなくても、いざというときにこうした機能を使ってピンチをしのぐこともできるかもしれません。

 

とはいえ、クレジットカードの難点として考えられるのは、発効までに日数がかかる場合です。

 

すぐに使用したいと思っていても、発効までに時間がかかってしまっては、欲しかったものが売り切れてしまったり、バーゲンが終わってしまったりするなど、買い物のタイミングを逃してしまうこともあるかもしれません。

 

こうした残念な結果にならないためにクレジットカードは即日発行したいものです。では、クレジットカードの即日発効は可能なのでしょうか?

 

 

即日発行可能なクレジットカード

基本的にクレジットカードの発行は、申込みからカード発行まで数日かかるところがほとんどです。平均すると、自宅にカードが送られてくるまでに1週間〜10日ぐらいは必要となってきます。

 

これだと、急ぎでカードが必要な時は間に合わない…なんて事もあると思います。

 

ただ、中には即日発行が可能なクレジットカードもいくつかあります。なので、どうしても今日中・明日まで、など急ぎでクレジットカードが必要な場合は、即日発行可能なクレジットカードに申込してみるといいです。

 

そこで、即日発行出来るクレジットカードを紹介しておきます。

 

 
アコムマスターカード
特徴

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムから発行されているクレジットカード「ACマスターカード」。

アコムはキャッシング会社としてもお馴染みですよね。
最短30分のスピード審査で、即日中の発効が可能となっています。パート・アルバイトの方でも利用可能ですよ。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
ネット上で申込して審査後にお近くの自動契約機(むじんくん)にカードを受け取りに行けばその日のうちにカード発行してもらう事が出来ますよ(^^)/
自動契約機は、営業時間:9:00〜22:00(※一部店舗は営業時間が異なります)・年中無休なので、土・日・祝日にカード発行する事も可能となっています。

入会金・年会費 無料
備考 自動契約機は、全国の都道府県に設置されています。

 

 
 
セゾンカード
特徴

会員2800万人超えを誇る、クレディセゾンの定番「セゾンカード インターナショナル」。

ショッピングにはもちろん、キャッシングにも活用できるカードです。年会費は永年無料で、世界中で使える便利なクレジットカードですよ。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
最短でカード発行してもらうには、インターネット申込み→申込み確認の電話→審査結果メール→指定のセゾンカウンターでカードの受け取り。

入会金・年会費 無料
備考 23都道府県・51か所にセゾンカウンターがあります。

 

 
 
エポスカード
特徴

マルイでお買い物される方は、エポスカードに申込するのがお勧めですよ。ショッピングなどの支払いをカードですれば、ポイントを貯める事が出来ます。

学生の方でもカード発行する事ができるのもポイントですね。最短だと、申し込み当日中にカード発行する事ができますよ。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
最短でカード発行してもらうには、インターネット申込み→申込み確認の電話→審査結果メール→マルイでカードの受け取り。

入会金・年会費 無料
備考 10都道府県・25か所にマルイがあります。

 

 
 
エムアイカード
特徴

三越伊勢丹グループの百貨店で買い物をするならエムアイカードがおすすめですよ。三越伊勢丹グループの百貨店で買い物をすると最大10%ポイントが貯まります♪カードの提示だけで割引価格でお買い物もできますよ。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
最短でカード発行してもらうには、インターネットから申込み→申込み完了メールがくる→カード発行完了メール受信→カードカウンターでの受け取り
三越伊勢丹グループの百貨店のカードカウンターでの申込み→カードカウンターでの受け取り   も可能です。

入会金・年会費 初年度無料、2年目から¥2,160
備考 15都道府県・28か所の三越伊勢丹グループの三越・丸井・伊勢丹・ルクア・岩田屋にカードカウンターがあります。

 

 
 
ウォルマートカード
特徴

SEIYU、LIVIN、サニーでの利用で毎回3%OFFでお得にお買い物することができますよ。永久不滅のポイントがあるので交換し忘れることがありませんよ☆年会費は永久無料で、世界中で利用することができます。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
最短でカード発行してもらうには、インターネット申込み→申込み確認の電話→審査結果メール→指定のセゾンカウンターでカードの受け取り。

入会金・年会費 無料
備考 23都道府県・51か所にセゾンカウンターがあります。

 

 
 
パルコカード
特徴

PARCOでのお買い物が、入会したdの日から1年間5%OFFのお得なカードです。PARCOでよくお買い物をする方にはうれしいですよね♪カードメンバーだけの限定優待企画は5%OFFになったり、招待企画もたくさんありますよ。

 

【申込みからカード発行までの流れ】
最短でカード発行してもらうには、インターネット申込み→申込み確認の電話→審査結果メール→各PARCO内のPARCO・セゾンカウンターでカードの受け取り。

入会金・年会費 無料
備考 13都道府県・18か所に各PARCO内のPARCO・セゾンカウンターがあります。

 

 

 

 

クレジットカード一覧表

カード会社 即日発行 年会費 年齢※1 海外旅行保険
アコムマスターカード 無料 18歳〜 ×
エムアイカード 初年度無料、2年目から¥2,160 18歳〜 ×
エポスカード 無料 18歳〜
ウォルマートカード 無料 18歳〜 ×
セゾンカード 無料 18歳〜 ×
パルコカード VISA,MASTER、JCB→無料  Amex→¥3,240 18歳〜 ×
オリコカード × 無料 18歳〜 ×
アメックス × \12,960 20歳〜の正社員 ○(旅行代金をカード決済すれば)
ソフトバンクカード × 無料 18歳〜 ×
ソラチカカード × 初年度無料、2年目から¥2,160 18歳〜
TSUTAYAクレジットカード × 初年度無料、2年目から¥540(1度でもカード利用があれば無料) 20歳〜 ×
ライフカード × 無料 18歳〜 ×
リクルートカード × 無料 18歳〜 ○(旅行代金をカード決済すれば)
ルミネカード × 初年度無料、2年目から\1,030 18歳〜
ロフトカード × 無料 18歳〜 ×
三井住友VIZAカード × \1,350 18歳〜 ○(旅行代金をカード決済すれば)
楽天カード × 無料 18歳〜 ○(日本を出るまでの交通費をカード決済すれば)
ヤフーカード × 無料 18歳〜 ×
ゆうちょ銀行カード × 初年度無料、2年目から\1,350 19歳〜
NTTグループカード × ネット申込み→\0、郵送での申込み→\1,296 18歳〜 ×
ファミマカード × 無料 18歳〜 ×
イオンカード × 無料 18歳〜 ×

※1:未成年者は親権者の同意が必要
注:未成年者・収入のない方はキャッシング機能をつけられない可能性あり

 

 

申込みから審査・カード発行までの流れ

クレジットカードを即日で発行したいという場合には、まず、即日発効に対応しているクレジットカードを探すことが必要です。

 

とはいえ、これは決して難しいことではなく、ネットでの検索でも簡単に見つけることができます。まずは好きなクレジットカードをネットで選んで、即日発行できるものかどうかを調べましょう。

 

ネット申込み

申し込みたいカードが決定したら、いよいよ申し込みを行います。

 

たいていの場合、申し込み方法はネットでの手続きとなります。ネットでの手続きといっても、なにも考慮せずに自動的に申し込み審査が通るわけではありません。

 

クレジットカードの発行には、支払い能力をはじめとした様々な点が考慮されますので、ネットでの申し込みとはいえ丁寧に間違いのないように行うことが即日発行をかなえる方法です。

 

チェックすべき項目としては、申し込みフォームに誤字や脱字がないか、収入の申告面で虚偽の報告を行ったり、謝った金額を記入したりしていないか、引き落としに使う銀行口座の口座番号や口座名義人に間違いがないかという点が挙げられます。

 

申し込みを完了する前にまずはこの項目に注目して不備がないように心がけましょう。また、即日発行をより確実にするために、キャッシング希望額の欄は0円にしておくこともお勧めです。

 

もしもキャッシング枠の限度額を高額にしてしまうと、そこでまた審査が入るために時間がかかってしまうことがあり得るからです。キャッシング枠を付けたければカードが無事に発行できてからでも変更は行えますので、あくまでも即日発行に向けてできることは行っておきましょう。

 

審査

申し込みが終了すると、カード会社による審査が始まります。申し込みの内容などに不備があると、審査に通らなかったり、決定が出るまでに長い時間を要したりすることもあります。もし、問題がなければ即日で審査が通りカードの発行が決定します。

 

カード発行

審査に無事通ったら、カードを直接店舗に取りに行く必要があります。指定されているお店に行くこともありますし、カード会社によっては無人の即日カード発券機を全国に展開している場合もあります。

 

ですから、即日発効には店頭受け取りをしなければいけないことを考え、取りに行きやすい範囲内で発行しているクレジットカードを選んだほうが良いでしょう。

 

こうした手順を一通りこなすことができれば、お得なクレジットカードを即日で手に入れることが可能となります。ただし、紛失した場合の再発行を即日で行うことはほとんどのカード会社で不可能ですので注意が必要です。

 

 

即日発行されたクレジットカードは安心なのか?

クレジットカードを利用することに抵抗を感じている方の中には、どこかで自分の情報が悪用されてしまうのではないかという不安があるようです。即日発行されるクレジットカードは余計に不安と思われるかもしれません。

 

しかし、当然のことですが即日発行した場合でもカードの安全性が損なわれるわけではありません。簡単に発行されるからといって通常の審査よりも緩いわけではなく、しっかりと選考が行われます。

 

主に即日発行を可能としている要素は、審査をスコアリングすることによる自動化と、全国各地に受け取り場所を設置しているということです。ずさんな管理や審査が行われているわけではありませんので安心しましょう。

 

即日発行クレジットカードが必要になる時は?

即日発行は、そもそもどのようなシーンで必要になるのでしょうか。

 

いずれにしても、すぐにカードを使いたいという場合であることは間違いないのですが、まず考えられるシーンとしては海外旅行の直前などでしょう。海外では当然日本円を使うことはできません。

 

換金すればよいのですが、手持ちの現金をどれくらい用意できるのかという点も心配ですし、海外に現金をたくさん持っていくのも危険でしょう。

 

しかし、クレジットカードがあれば、換金不要ですので安心して買い物が楽しめます。何ヵ国かを旅行するときなどはいちいち換金する手間も省け大変便利でしょう。

 

また、その都度換金の手数料を取られて手持ちの現金が目減りしてしまうということも避けることができます。

 

あらかじめ計画していた海外旅行であれば余裕をもってクレジットカードを準備できますが、急に行くことになった海外出張などの場合には対応できません。

 

また、海外旅行先で何かトラブルがあった場合の海外旅行傷害保険もその都度保険会社に加入するといろいろと面倒な手続きが必要な場合がありますが、海外旅行傷害保険があらかじめ付与されたクレジットカードもありますので、そういった意味でもクレジットカードはぜひ持っておきたいものです。

 

それと、クレジットカードが早急に必要となる場面として想定できるのが、急にお金が必要になったときです。

 

クレジットカードはいわば前借りのようなものですので、お金が必要になった時にとりあえずクレジットカードで支払っておき、あとからカード会社に支払いをするという時差式の支払いが可能になります。

 

そのため、実際にカード会社に支払うときまでにお金を用意できさえすれば、急な場合でも安心して支払いを行うことができます。

 

 

クレジットカード発行後の注意点

クレジットカードが無事に発行されたらいくつかの注意事項を忘れないようにしましょう。

 

カード裏面にサイン

まずは、クレジットカードの裏側にサインをせずに持ち歩くことです。サインをしていないともしも紛失したときに拾った人が自由に自分のサインをそこに書いてしまい、カードを悪用する際に店員さんが不正カードと見抜けないことにつながってしまいます。

 

クレジットカードには利用限度額があるので、仮に悪用されたとしてもある程度のところで利用はできなくなるとはいえ、財布を落としてしまってその中にカードが複数枚ある場合大きな損失を被る可能性もあります。

 

こうした危険を未然にふさぐためにも、即日発行で無事カードを受け取ったならすぐに裏面にサインを書いておきましょう。

 

支払いを遅らせない

一度や二度残高不足で支払いが滞ってしまった場合であれば特に問題にはなりませんが、もし常習的に支払いが遅れてしまっていると、今後のローンを組むときなどに大きなマイナス要因となります。

 

なぜなら、クレジットカードの利用履歴はほかのカード会社や銀行などで共有されているからです。ですから、支払いが滞ることが多い場合は信用されないことが多く、今後のローンなどが組みにくくなってしまうでしょう。

 

とりわけ、車や住宅の購入でどうしてもローンを組みたい場合に、毎月のクレジットの支払いが遅れがちであることが問題視されると、借り入れができずに購入そのものを諦めなくてはならなくなるでしょう。

 

他の人に貸さない

いくら信用できる友達や家族にもクレジットカードを貸すようなことはしないほうが良いでしょう。あくまでクレジットカードは契約者本人とカード会社の契約で成り立っています。

 

もしも、他人に貸し出したカードで悪用されてしまった場合、損害賠償は通常されません。

 

貸した相手が悪用しなくても、その人が紛失してしまい、それを拾った第三者がカードを不正に利用することも考えられますので、十分注意しましょう。

 

利用明細書をチェックする

いくら小さな金額での利用とはいえ、利用明細書をチェックせずに捨てることは決してしないでおきましょう。

 

明細書をチェックすることは、自分が利用した合計額を知るためだけではありません。どこかで自分のカードが不正利用されていないかどうかを知るためでもあるのです。

 

犯罪者の中には、注意しないと気づかれないような小額の利用をこまめに行い、契約者が気付くかどうかを試す悪質な者もいます。

 

もしすぐに不正利用に気が付けばカード会社に報告して保証される可能性は高まりますが、数か月たってから発覚しても取り合ってはくれないでしょう。手遅れになる前に毎月の明細書はしっかりとチェックするのが鉄則です。

 

リボ払い

また、リボ払いを無計画に利用しないよう注意も必要です。

 

リボ払いは毎月の返済が負担にならないように、毎月一定額の固定支払いにしてしまい、数か月に分けて均等な額を毎月支払うようにできるシステムです。

 

一見大変便利なシステムのようにも見えますが、手数料がかさんで気が付いたときには相当な額を支払っていることにもなりかねません。便利と思える昨日ほど十分に理解したうえで利用するようにしましょう。

 

こうした点を踏まえて、クレジットカードの即日発行を申し込むと、クレジットカードは生活になくてはならない便利なアイテムとして活躍してくれるでしょう。

 

 

クレジットカードのサービス

クレジットカードを即日発行したい場合、即日発行可能なクレジットカードが幾つかありどのカードにしようか迷う場合は、カードに付帯されているサービスで選ぶとよいでしょう。

 

クレジットカードにはいろいろなサービスが付帯されており、その中でも店と提携してる場合は特定のお店での割引が可能となります。

 

もし、自分が普段行くお店が対象になっているようでしたら、そのクレジットカードを選べばいろいろとお得に買い物することが可能となるでしょう。

 

さらに、海外旅行傷害保険がついているものもあります。海外に行くことは多くても、いちいち保険契約を保険会社と結ぶのは面倒と思われている方は、海外旅行傷害保険が付帯されたクレジットカードを発行しておくといろいろと便利に使えることでしょう。

クレジットカードのサービス

 

また、クレジットカードの魅力としてポイント制が挙げられます。特定のサイトやお店での買い物の場合にポイントが優遇されたり、海外での買い物の際にポイントが優遇されたりと、カード会社によってその仕組みは様々ですが上手に利用しない手はないでしょう。

 

クレジットカードでの支払いで心配になるカードの不正利用を万が一された場合、その損害賠償を保証しているカードもあります。

 

さらに、年会費が無料かどうかも大きな違いです。念のために持っておきたいという場合には、年会費のかからないカードを選んだほうが負担なく持つことができます。

 

一方で年会費は支払うものの、付帯されているサービスを考えるとかなり便利に利用できるというケースも少なくありません。

 

そのためじっくりとカードの内容を吟味して、自分に本当に必要な、あるいは使い勝手の良いカードを選ぶことをお勧めします。

 

また、忘れてはいけないのが審査基準です。いくら即日発行が可能なカード会社でも、最初の申し込みの審査に合格しないのであれば意味がありません。

 

そこで、申し込みの条件をよく確認しておきましょう。

 

正社員であればこの点はほとんど問題ないかもしれませんが、アルバイトやパート、専業主婦、学生など、収入の見込みが月によってばらつきのある場合には、審査に甘いカード会社を探してみるとよいでしょう。

 

アルバイトなどで安定した収入とまではいかなくても、カードを発行する際には問題にならないカード会社は少なくありません。