払えない時の対処法を紹介

 

クレジットカードを利用すれば、現金を持っていなくても買い物をすることができます。

 

クレジットカードはいわゆる信用払いができるカードですから、たとえその時に現金を持っていなくてもカード発行元の会社が支払い代金を立て替えてくれますし、利用者は月末など決められた日にカード会社へ支払えば大丈夫です。

 

しかし、時にはクレジットカードで利用した分のお金を支払うことができない!というシーンに直面してしまうこともあるでしょう。

 

では、このような時はいったいどのような対処をすれば良いのでしょうか。

 

カード利用料金が支払えない理由

クレジットカード利用料を支払うことができないというシーンは決して少なくありませんし、実際に経験したことがあるという方もおられるのではないでしょうか。

 

では、いったいなぜクレジットカードの利用料金を支払うことができなくなるのかということですが、これは人によってさまざまなケースが考えられます。

 

もっとも単純かつ多い理由の一つとして”カードの使い過ぎ”が挙げられます。自身で支払いができる限界を超えてクレジットカードで買い物をしてしまったため、月末に支払えるだけのお金がないという状況に陥ってしまうのです。

借金1

 

クレジットカードは現金を持っていなくても買い物ができてしまう魔法のようなカードですが、あくまでお金を立て替えてもらっているだけですし支払いを免れるわけではありません。

 

魔法のように素晴らしいカードではあるものの、決して魔法のカードではないということは覚えておきましょう。利用した分は必ず支払わなくてはなりませんし、それを見越した計画的な利用が求められます。

 

現金を持っていなくても買い物ができてしまうため

 

「ついつい買い過ぎて現状でどれくらい使っているか把握していない!利用金額が大きくなってしまった、その結果月末に支払えなくなってしまった・・・(; ・`д・´)」

 

というケースはまったく珍しくありません。

 

 

支払いができない場合の対応

クレジットカードを利用した分に関しては、月末など決められた日にカード会社へ支払う必要があります。

 

例えば3万円分の買い物に利用したとするとその金額や手数料を支払う必要がありますが、たいてい銀行口座からの引き落としとなるでしょう。

 

カード料金引き落とし期日までに銀行口座に入金しておかないと、引き落としができずにカード会社への支払いも滞ってしまいます。

 

では、このようなシーンにどうすればいいのでしょうか?

 

カードを発行してもらった会社に連絡する

 

これが一番です!

 

また、引き落とし日が毎月25日という場合だとそこから3〜5日間は自動的に毎日引き落としをしてくれるようなカード会社もあります。

 

このような場合だと引き落とし期日を過ぎても、とりあえず口座に入金すれば引き落としをしてもらえます。

 

とてもじゃないけどそんな短期間ではどうにもならない!来月に繰り越す必要がある!という場合には迷うことなくカード会社に連絡しましょう!

 

連絡もせずに放置しておくとカードの利用そのものができなくなってしまいますよ(;´∀`)

 

 

いつ支払えるかを明確にして伝える

クレジットカード利用料金の支払いが遅れてしまったとき、まずはカード会社に連絡を入れるのが人間としても正しい道です。

 

放置してしまうとカードが利用できなくなるのはもちろん、督促も始まってしまいますから注意が必要です。

 

カード会社側がもっとも知りたいことは”確実に返済ができる日にち”ですから、そこを明確にして伝えてあげなくてはなりません。

 

一週間後なら一週間後、一か月後なら一か月後と明確な期日を伝えましょう('◇')ゞ

 

クレジットカード会社によって対応は異なってきますが、督促の電話をかけるまで事態が悪化してしまうと、カードの利用停止はもちろん強制解約になることもあります。

 

強制解約になってしまうと信用情報にも名前が登録されてしまいますし、当然それ以降カードを利用することはできなくなってしまいます・・・。

 

クレジットカードで家賃や携帯電話の支払いをしていたという場合だとそれも変更しなくてはなりませんし、さまざまな弊害が生じてしまいますよ。

 

向こうから督促の電話がかかってくるまで放置しておくのはNGですから、支払いが遅れるときには自ら連絡していつ支払えるかを伝えることが大切です!

 

一番やってはダメなこと

クレジットカードの支払いができないとき一番やってはいけないことは音信不通になることです。

 

これは最低最悪の手段ですから絶対にしてはいけません(^-^;

 

クレジットカードを使った買い物をしたということは、人のお金で買い物をしたのと同じです。友人や恋人にお金を立て替えてもらって買い物をして、そのあと音信不通になったらどんな気持ちを抱かれてしまうでしょうか?

 

これは人として絶対にやってはいけないことですし、音信不通になって逃げるというのは人としての道にも外れていますから絶対にNGです。

借金2

 

現実的にはクレジットカード料金の支払いができずに音信不通になってしまう方は大勢います。

 

音信不通になってしまう理由もまちまちですが、返済が遅れたことで怒られてしまうのではと恐怖心を感じて音信不通になる方もいれば何とも思わずに連絡を絶ってしまう方、どうすればいいのか分からなくてとりあえず連絡を取らずにやり過ごしてしまう方など、実にまちまちです。

 

しかし、音信不通になるのはカード会社側としても一番困ってしまいますし、何よりカード利用停止や最悪強制解約もあり得ます。

 

一番やってはいけないことですから覚えておきましょう(=゚ω゚)ノ

 

どうしても支払いができないとき

クレジットカード利用料金の額によっては、返済のめどが一切立たないということもあるでしょう。

 

クレジットカードの利用限度額は人によってまちまちですし、カードによっては300〜500万円ほどの限度額を用意しているようなカードもあります。

 

このようなカードを好き放題使った挙句支払いができなくなり、にっちもさっちもいかなくなったというケースはよくあることです(;´・ω・)

 

どうしても支払うことができない、無い袖は振れないという方は弁護士や司法書士といった専門家に相談するのも一つの手段ですよ。

 

法律の専門家である弁護士や司法書士に相談して債務整理の手続きを開始するのがもっとも現実的な方法と言えるでしょう。

借金3

 

また、債務整理の手続きに入ったということをクレジットカード会社に伝えなくてはなりません。

 

クレジットカード会社に債務整理の手続きを始めたことを伝えれば、それ以降督促の電話などがかかってくることもありませんよ。

 

しかし、これは本当に最終的な手段ですから、できるだけ債務整理ではなく自分の力で支払うことです。

 

そもそも、支払いができなくなるまでクレジットカードを利用してしまうことに問題がありますから、このような事態に陥らないよう気を付けなくてはなりません。

 

 

 

クレジットカード利用料金がどうしても支払えないときにどうするべきか、ということについてお話してきました。

 

まずはクレジットカード会社に連絡して、支払いがいつできるかを明確にして伝えることが大切です!

 

しつこいようですが音信不通になることだけは絶対に避けてください。

 

また、クレジットカード利用料金が支払えないほど使ってしまうことにそもそもの問題がありますから、クレジットカードを魔法のカードだと思わず計画的に利用する癖を付けましょう(^o^)/