キャッシング枠に注意しよう!

人生の中でもっとも高額な買い物となる住宅。

 

マイホームが欲しいという方は大勢おられるでしょうし、夢のマイホームを持つために頑張ってきたという方もおられるでしょう。

 

住宅をキャッシュで購入するような方はまずいないでしょうし、ほとんどのケースにおいて住宅ローンを利用することになると思います。

 

しかし、「住宅ローンの審査がクレジットカードの枚数や利用状況によって左右されてしまう」という話を耳にしたことがある方もいるのでしゃ?

 

果たしてそれは真実なのでしょうか?

 

住宅ローン審査に影響はある

クレジットカードが住宅ローン審査に影響するかどうかですが、結論からお話すると影響はあります

 

クレジットカードの性質を理解すれば分かることですが、クレジットカードというのは信用で買い物ができるカードです。

 

クレジットカード発行元企業の審査によって信用できる人にカードを発行しているわけですし、ユーザーは信用によって現金がなくても買い物ができ、支払いを一時的にカード発行会社に建替えてもらうことができるのです。

 

一時的でも借金をしている状態になりますし、クレジットカードの利用状況などによって住宅ローン審査に大きな影響を与えてしまうことは決して珍しいことではありません(^-^;

住宅1

 

実際にクレジットカードが原因で住宅ローンの審査に落ちてしまったという方もいますし、それだけの影響力があることは覚えておきましょう。

 

勘違いしてほしくないのは、クレジットカードを持っているから住宅ローンの審査に落ちてしまうという話ではないということです!

 

別にクレジットカードを持つこと自体は悪いことではありませんし、それ自体が審査に大きく影響することは考えにくいでしょう。

 

あくまで所有するクレジットカードをどのように利用しているか、という部分が審査に大きく関わってくる部分です。

 

まずはここをしっかりと理解しておきましょう(^_-)-☆

 

支払いの延滞は審査に影響する

クレジットカードを利用している方の中には支払いが遅れてしまった、という方もいるのではないでしょうか?!

 

引き落としまでにお金を用意することができなかった、口座に入金することができなかったという場合には、クレジットカード利用料金の延滞ということになってしまいます。
このクレジットカード利用料金支払いの延滞は、住宅ローンの審査に大きく影響すると言っても過言ではありません。

 

審査直近で延滞し続けているというケースだと、ほぼ間違いなく住宅ローンの審査には落ちてしまうでしょう(^▽^;)

 

住宅ローンに限った話ではありませんが、一般的に銀行や信用金庫といった金融機関は審査を行うときに顧客の信用情報を照会します。

 

”個人信用情報機関”というものが存在しており、現在どれくらい借り入れをしているか、金融事故はないかなどさまざまな情報が登録されているのです。

 

金融機関はそこに登録されている情報を頼りに審査を進めていきますし、住宅ローンの審査でもそれは例外ではありません。

 

いわゆるブラックリストに載ってしまうというのは、この信用情報機関に事故情報などが登録されてしまうことを指しています

 

(※事故情報とは先述の支払いを延滞し続けていたり、債務整理などが挙げられます。)

 

 

キャッシング枠にも要注意

現在では、多くのクレジットカードにキャッシング枠が備わっています。

 

キャッシング機能が備わっていることで、いざというときにATMなどでお金を借りることができますし、急場をしのぐこともできます。

 

便利なキャッシング機能ですが、実は住宅ローンの審査に影響を及ぼしてしまうこともあります(; ・`д・´)

 

一枚しかクレジットカードを持っておらずキャッシング機能もない!という場合だと問題ありませんが、複数のクレジットカードを保有していて、しかもそれぞれのカードにキャッシング枠が100万円ずつ付いているというケースだと住宅ローンの審査に落ちてしまう可能性も高くなります。

 

審査を行う金融機関では、現状でキャッシングしている金額はもちろん、キャッシング枠にも注目します。

 

今はまだキャッシング枠に手をだしていないとしても、いずれそのキャッシング枠を利用して借金することも考慮して審査を行う傾向にあります。

 

ですので、キャッシングできるクレジットカードを複数枚持っているだけで審査が不利になったり、融資を受けられる額が少なくなったりします。

 

このような影響があるということは覚えておきましょう('ω')ノ

 

 

できれば枚数も減らしておく

クレジットカードをたくさん所有している方もたくさんいらっしゃると思いますし、現在では独自の特典やサービスを提供しているクレジットカードも多いため複数のカードを持つ方は大勢います。

 

クレジットカードによって受けられる特典やサービスが異なりますし、ポイントの貯めやすさなどにも影響するため、人によっては5枚ほどのクレジットカードを持っているという場合もありますよね。

 

このクレジットカードの保有枚数も住宅ローン審査に影響してしまいますから覚えておきましょう。

 

先ほどキャッシング枠について少しお話しましたが、クレジットカードを複数枚持っているとしてもキャッシング枠がないのなら問題はありません♪

 

複数枚所持していて注意しないといけないのは、あくまでキャッシング枠がある場合のみです。

 

保有するクレジットカードすべてにキャッシング枠がなければ住宅ローン審査に影響を与えることはありませんが、現在のクレジットカードの多くはキャッシング枠がありますから注意してください!

 

なかなか審査に通らないという方は、クレジットカードのキャッシング枠と枚数を見直してみましょう。

 

 

計画的な利用をしていれば大丈夫

クレジットカードを持っているから住宅ローンの審査に落ちてしまうということはまずありませんし、もしクレジットカードを所有しているだけで住宅ローンの審査に落ちてしまうのなら多くの方が審査に受からないはずです!

 

それだけ現在では多くの方がクレジットカードを所有していますし、その利便性を重宝しています。

住宅2

 

問題なのはキャッシング枠や金融事故ですから、そこにさえ気を付けていれば大丈夫でしょう(^_-)-☆

 

「クレジットカードの利用は計画的に」と言われますが、住宅ローンの審査に受かりたいのなら尚更です。

 

いずれ住宅ローンを組んでマイホームを購入したいという方なら尚更クレジットカードの利用には注意しなくてはなりませんし、延滞などは絶対にしないことです!

 

最初にお伝えしたように、延滞のような金融事故はもっとも審査に落ちやすくなる理由の一つですし、延滞が続くと個人信用情報機関に情報が登録され5年間残ってしまいます。

 

当然住宅ローン審査も落ちやすくなりますし、他のローンや融資も受けにくくなるでしょう。

 

計画的で適切な利用を続けている限り大きな問題にはならないでしょうから、住宅ローン審査を意識するのならより計画的な利用を心がけましょう☆

 

 

クレジットカードが住宅ローンの審査に影響してしまうのか、ということについてお話してきましたがいかがだったでしょうか?

 

何度も言うようにクレジットカードをただ持っているだけで住宅ローンの審査に影響することはありませんから安心してください。

 

延滞はダメですが、5年以上前に一度延滞したことがあるというレベルならすでに個人信用情報機関に情報も登録されていないでしょう。