高速道路で役に立つETC

長距離の移動には飛行機や新幹線など様々な方法がありますが、荷物もたくさん運べて、なおかつ自分のペースで移動するには車が一番適しているかもしれません。

ETC

 

長距離の場合では特に全国に張り巡らされた高速道を利用すると時間の短縮にもなりますし、道も迷わずに移動しやすくなります。

 

今のところ、高速道路は有料の道路となっていますので、利用する際には区間に応じて通行料金を支払わなければなりません。

 

もちろん、現金でその都度支払うこともできますが、いちいち財布を出して現金を確認するのは面倒なこともあるでしょう。

 

そこで役に立つのがETCカードです。ETCカードとは、高速道路の自動通過料金支払いシステムであるETCで利用可能なクレジットカードのことを指します。

 

ETCカードは即日発行できるのか?

ETCカードでの支払いによって、現金払いにはない割引サービスを受けることもできます。

 

また、支払いの際にも自動的に清算がされて後日自分の指定した口座から引き落としがかかるため、手間取る必要はありません。

 

それに、他の車を待たせることなく高速道路を降りることができますので、あると大変便利なカードといえるでしょう。

 

ETCを利用するためにはETC車載器と呼ばれるカード読み取り機器を車に装着しなければなりません。この機会は初めから車に搭載されていることもありますし、外付けであとから取り付けが必要な場合もあります。

 

この車載器が搭載されていれば、ETCカードを発行して差し込めば利用可能となります。

 

もしも、ETC車載器はあるものの、カードを持っていない場合は早急に入手の手続きをしましょう。

 

ある程度先の日程で利用予定であればよいのですが、数日以内に早急に必要となった場合はどうしたらよいでしょうか。

 

そのような場合には即日発行できるETCカードを選んで手続きをすることができます。

 

とはいえ、即日発行に適したカードはそう多くはありませんし、即日発行できたとしても専用のカウンターまで受け取りに行く必要があります。

 

大都市であれば問題ないものの、地方などの場合は専用の受け取りカウンターが近くにないために実質即日での入手は難しいことがほとんどです。

 

ですから、基本的にはETCカードの即日発行は条件がそろわないと難しいと考えておいた方がよいでしょう。

 

ETC車載器を搭載したタイミングですぐにはカードを使わなくても、今後の利用のために申し込んでおいた方がお勧めです。

 

ETCカードの特徴

ETCカードの申し込み方法はクレジットカードと似ていますが、あくまでも高速道路を使用するために利用されるカードのため、通常のクレジットカードと同様に使うことはできません。

 

そのため、普段の買い物などに利用できるわけではありませんので注意しましょう。また、高速道路料金の引き落としの際に使う口座の登録が必要になるため、18歳未満での申し込みはできません。

 

18歳以上を過ぎていたとしても、定期的な収入や学生である場合には残念ながら申し込むことはできません。

 

また、どの会社からETCカードを発行するかによってポイントがたまりやすいものと貯まりにくいものがあります。ポイントというのは2通りあります。

 

ETCマイレージ

事前登録をしておくことによってどんなETCカードでも貯めることができます。このポイントは高速道路を使用するたびに貯まっていくサービスで、貯まったポイントに応じて高速道路や有料道路の通行時に無料通行分として使用することができます。

 

区間によっては最大で23%もの還元率になる場合もあり、利用しない手はないでしょう。とはいえ、還元されるのはあくまでも高速道路利用後であるため、ポイントを利用できるのは次に高速道路を利用する時となりますので注意しましょう。

 

マイレージポイントの考え方は、飛行機のマイレージポイントと基本的には同じです。高速道路を頻繁に利用する方は必ず登録をしておきましょう。

 

クレジットカードのポイント

もう一つのポイントはETCカードを利用した際に貯まるクレジットカードのポイントです。このクレジットカードのポイントは、どこの会社を利用してETCカードを発行するかによって貯まることも全く貯まらない場合もあります。

 

クレジットカードのポイントを上手に貯めると高額商品に交換なども可能ですので、頻繁に高速道路を利用する方はクレジットカードも加算されるETCカードを選んだほうが良いでしょう。クレジットポイントが付与されるパーセンテージも会社によって異なります。

 

即日発行をしたい場合は会社を選ぶ余地もあまりありませんが、比較的余裕をもってカードの発行が可能な場合にはぜひクレジットカードポイントが貯まりやすいカードを吟味して選ぶ方がお勧めです。

 

もしかすると同じ区間を走行しているにもかかわらず、トータルで数千円以上の違いが出てくるかもしれません。

 

クレジットカードとしても利用できるETCカードはないのか?

ETCカードとして利用しながらも、普通のクレジットカードとしても利用したいという方もおられるでしょう。そのような方はETC一体型クレジットカードというものを選ぶこともできます。

 

一体型になると選べる会社も限られてきますが、カードが増えすぎて財布の中が厚くなるのを避けたいという方にとっては役立つサービスといえます。

 

しかし、便利な反面危険もあります。それは、車の中のETC車載器に入れたままにしてしまうことです。

 

もちろん入れたままでいることが問題ではありませんが、もしも車上荒らしなどの犯罪の被害にあった場合、ETCカードまで盗難にあってしまうと通常のクレジットカードとしても悪用されてしまう可能性が高まります。

 

こうしたリスクを考えると、ETCカードは高速道路料金の支払いだけに特化したカードとして持っていた方が安全かもしれません。

 

また、ETCカードによっては年会費の必要なものもあります。どのように年会費がかかるのかも会社の条件によって異なります。

 

一見すると、年会費のかからないETCカードを利用したほうが安くてお得に感じるかもしれませんが、前述のクレジットカードのポイント還元率などを考えた場合、多少年会費がかかったとしても年会費が有料なETCカードにした方がかえってお得になることも少なくありません。

 

自分のメインで使っているクレジットカードとの兼ね合いもありますので、年会費がかかるからといってすぐに選択肢から外さずに、ポイント還元率や自分がどれくらい高速道路を利用するのかということまで考慮して賢くETCカードを選びましょう。

 

とはいえ、高速道路の利用頻度がそれほど高くない場合は年会費無料のカードにした方がお得になる可能性は高いです。

 

ETCカードは基本的にはクレジットカードを作る時と同じ要領で発行することができます。しかし、即日発行をしたいとなると、選べるカードの種類も限られますし、地方の場合は受け取りカウンターがないために実質的に即日発行は難しいといえます。

 

ポイントの還元率なども十分に考えた上で、ある程度余裕をもって申し込みをした方がよいでしょう。後悔しないカードの発行ができるように、もしETC車載器があるのにカードを持っていない方は、すぐに利用するかどうかにかかわらずカードの発行手続きを検討することをお勧めします。