海外でクレジットカードでキャッシングすることができるの?

 

「パリやロンドン、アメリカなど海外へ遊びに行きたい!」「観光を思う存分楽しみたい!」という方もたくさんおられると思いますが、その一方で海外の旅行先でお金に困ってしまったらどうしようと不安に感じている方もたくさんいるはずです。

 

日本だとキャッシング機能の備わったクレジットカードさえ持っていればキャッシングで乗り切ることができますが、海外でも同じようにクレジットカードを使ってキャッシングができるのかと疑問に感じている方もいるはずです。

 

実際、海外でのキャッシングは可能なのでしょうか?調べてみました(^J^)

 

何があるか分からない海外

日本国内なら、もしも旅行先でお金が無くなってしまったとしても何とかなるものです。お金がなくなるケースもいろいろなことが考えられますが、例えば財布を落としてしまった、スリに遭ってしまった、前から欲しかったものをたまたま旅行先で見つけて衝動買いしてしまった・・・などどれも考えられる出来事ですね。

 

このように不慮の出費というのはよくあることですし、旅行先でお金に困ってしまうということは多々あることです。

旅行

 

また日本国内でさえそうなのですから、海外旅行となるとさらにその確率は高くなります。日本と違って治安が不安定な国もたくさんありますし、スリや窃盗のような犯罪が蔓延している国はたくさんあります(^▽^;)

 

比較的治安が良いと言われている国でもスリや置き引きなどが多発する国、都市は少なくありません。治安の良し悪しは一般的に凶悪犯罪の発生率で判断することが多いですし、凶悪犯罪こそ少ないもののスリや置き引きなどの犯罪は日常茶飯事ということは決して珍しくありません(゚д゚)!

 

また、海外だと言葉が通じないこともありますし英語やその国の言葉が堪能でないと、こちらの意志を正確に100%伝えることもできないでしょう。

 

このようにさまざまな不安要素が海外旅行には存在しますから、旅行先でお金に困ってしまうということも珍しいことではないのです!

 

海外でキャッシングは可能

何があるか分からない海外旅行だからこそ、いつでもキャッシングできると助かりますよね。では「現実的に海外でクレジットカードを使ってキャッシングをすることができるのか?」ということですが、海外でクレジットカードを使ってキャッシングすることは可能です☆

 

海外でキャッシングを行うためにはATMを使うことになりますが、操作の方法は日本のATMとほとんど変わりありません!一度でも海外でATMを利用したことがあるという方なら間違わずに操作できるでしょうから、ここはそれほど心配する必要はありませんよ。

 

海外のATMは当然日本語表記などではありませんし、すべてのメッセージは英語やその国の言語で示されます。最初は戸惑ってしまうかもしれませんが、たいして難しい内容のメッセージが表示されているわけではありませんから大きな問題ではありません。

 

ただ注意点として、所持するクレジットカードによってキャッシングできるATMが変わってくるということが挙げられます!

 

厳密に言うと・・・クレジットカードそのものに問題があるのではなく、カードの国際ブランドによって使用するATMが変わってくるということです。VISAだとPLUSマークのあるATM、JCBはCirrus、Mastercardも同じくCirrusのマークがついているATMが対応でき

ます。

 

キャッシングまでのプロセス

海外のATMは最初こそ戸惑ってしまうかもしれませんが、一度でも使ってしまうとすぐに慣れることでしょう(^_-)-☆では、ここで実際にクレジットカードを使用して海外でキャッシングを行うときの大まかなプロセスについてご紹介しましょう。

 

先述したように、所有しているクレジットカードの国際ブランドに対応しているATMを探します。国際ブランドによってキャッシングができるATMが変わってきますから二度手間にならないよう最初にしっかりとマークを確認してください。

 

地球

国際ブランドに対応しているATMを見つけたらキャッシングを指定し、クレジットカードを機械に挿入します。

 

あとは暗証番号を入力してキャッシングする金額を指定、現金とクレジットカード、レシートなどを受け取ります。

 

これが大まかな流れとなりますから覚えておきましょう☆決して難しい操作方法ではありませんし、基本的な流れは日本のATMやキャッシュディスペンサーで行うキャッシングとほぼ同じです(#^^#)

 

 

海外キャッシングのメリットはあるの?

「そもそも海外でキャッシングするメリットって?」と思った方もおられるかもしれませんが、海外でのキャッシングはいろいろとメリットがありますよ♪♪

 

最初のほうでもお話したように、海外では何が起こるか分かりませんし日本と同じような感覚ではいけません!「最初から現金をたくさん持って出かければわざわざキャッシングをする必要もないのでは?」と思った方もいるでしょうが、既にお話したように海外の国や都市によってはスリや置き引きといった犯罪が多発しているところもありますから現金をたくさん持ち歩くのは安全だとは言い切れません(; ・`д・´)

 

日本で日常生活を送っている方には想像できないほどスリのような軽犯罪が蔓延している国、都市はたくさんあります。日本は世界的に見ても治安が良い国ですし、海外のどの国や都市と比較しても非常に安心して過ごせる国と言えます。そのような国で育った方にとって海外の治安の悪さは今一つ理解できないですよね・・・。

 

国や地域によっては毎日当たり前のようにスリのような犯罪が起こっていますから、現金をたくさん持ち歩くというのはNGですよ!

 

海外でのキャッシングならその都度必要なお金を引き出すことができますし、スリや強盗に遭ったとしても最低限の被害で済ませることができるでしょう。これは大きなメリットですね。

 

海外キャッシングの注意点

いろいろなメリットがある海外キャッシングですが、いくつか注意点もあるため覚えておきましょう。

 

暗証番号の取り扱い

暗証番号は絶対に忘れないでください!日本でも暗証番号を間違い続けると取引ができなくなってしまうことがありますが、海外でも同じように暗証番号を間違え続けると取引ができなくなってしまいます(^▽^;)キャッシングできなくなるばかりかカードそのものの効力を期間限定で失ってしまうこともあります。
最悪の場合、帰国するまでロックを解除できないということにもなりかねません。

 

暗証番号をATMに入力するとき

日本では少ないですが、ATM近辺で誰かが暗証番号を覗き見しようとしていたり、高性能な小型カメラが仕掛けられているというケースもあります。海外ではいろいろな手口を使った犯罪が起こっていますから、日本と同じように考えるわけにはいきません。暗証番号を入力するときには誰からも見えないように手元をしっかりと隠して入力するようにしてましょう(;・∀・)
また、利用後のレシートは何かトラブルが起きたときに必要となりますから捨てずにとっておきましょうね。

 

楽しいはずの海外旅行ですが、旅行先でお金に困ってしまったら楽しく旅を続けるどころではなくなります。

 

また、現金を日本からたくさん持っていって現地でスリに遭ってしまったとなると目も当てられないでしょう。海外でのキャッシングにはこうした被害を回避できる魅力があります。もちろん、キャッシングというと聞こえは良いものの本質は「借金」ですから決して推奨しているわけではありません。

 

ただ、リスクマネジメントの一環として海外キャッシングも覚えておくと良い、というお話です(^_-)-☆