クレジットカードを作りたいものの親や家族には知られたくない、という方は意外に少なくありません。

内緒4

 

クレジットカードがあればその時はお金がなくても商品を手に入れることができますし、ショッピング時にもスマートですからその利便性に憧れを持っている方も多いでしょう。

 

しかし、親や夫、妻など家族が現金主義だとクレジットカードの発行に反対するケースもありますし、作りたくても作れないという方もいると思います。

 

では、クレジットカードを家族に内緒で作るということは現実的に可能なのでしょうか?

 

 

 

バレずに発行することは可能

現在では多くのクレジットカード会社や金融機関がクレジットカードの発行を行っていますし、しかもオンラインで申し込みができることがほとんどです。

 

オンラインなら家族が仕事などで外出しているときに申し込みができますし、申込みから審査、発行まですべて自宅で行うことも可能ですよ。

 

そのため、申込みから審査の段階では家族にバレてしまうことはまずないでしょう。

 

パソコンでも申し込みができますし携帯電話やスマートフォンでもインターネット環境さえ整っていれば、金融機関やカード会社のホームページにアクセスして申し込みが可能です。

 

パソコンから申し込みを行うときの注意点

ログの履歴を残しておくと家族にバレてしまうことがあります。

 

もちろん、閲覧履歴だけなら「ちょっと見ていただけ」と言い訳することもできるでしょうが、家族に疑われてしまう可能性もあります(-ω-)/

 

絶対に家族にバレたくないのなら、パソコンでクレジットカードの申し込みをしたときにはアクセスした履歴などを消去しておくことです。

 

意外にここからバレてしまうということは多いですし、家族に疑われてしまってしばらくクレジットカードを作ることができなくなったというケースもありますよ!

 

 

契約書類やカードは自宅に届く

クレジットカードの発行が家族にバレてしまうケースとしては、契約書類やカードが自宅に届くことが挙げられます。

 

クレジットカードと契約書は本人限定受け取り郵便で送られてくるケースがほとんどのため家族が受け取ることはまずありませんが、受け取りのときすぐそばに家族がいればバレてしまう恐れはあります

 

本人限定受取郵便で送られてくるものなどあまりありませんし、よほど重要なものだと家族の興味を引いてしまうでしょう(; ・`д・´)

 

近くに親や妻、夫がいたら「それ何?」と聞かれてしまうこともあると思います。この時いかにして乗り切るかがポイントとなるでしょう!

内緒2

簡易書留郵便で送られてくるケースもありますが、この場合はさらに家族がクレジットカードや契約書を手にしてしまう可能性が高くなります。

 

本人でなくても受け取ることができる郵便ですし、家族の誰かがサインするだけで受け取られてしまうのです。

 

封筒にはカード会社や銀行名などが記載されているでしょうし、そこからクレジットカードの発行がバレてしまう可能性はありますよ。

 

簡易書留郵便よりは本人限定受取郵便のほうがまだバレてしまう可能性は低いですから、できるだけこちらの発送方法を希望することをおススメします!

 

 

明細書でバレるケースもある

クレジットカードの発行と受取が無事済んだとしても、まだ安心はできませんよ!

 

クレジットカードの発行と受け取り後にバレてしまったというケースはたくさんありますし、どちらかというと発行後のほうがバレてしまう確率は高くなります

 

バレる理由でもっとも多いのは明細書で、クレジットカードを利用した明細は基本的に郵送で自宅に送られてきます。

 

利用明細が郵送で自宅に届き、それが家族の手に渡ったことで知られてしまうというのは意外に多いケースですから覚えておきましょう(^-^;

 

ウェブ明細を利用しよう!

近年ではほとんどのカード会社や銀行がウェブ明細を取り扱っていますから、ウェブ明細を選択するようにしましょう。

 

ウェブ明細だと公式ホームページのマイページにログインすることで利用状況を確認することができますし、わざわざ書面で届くことはありません。

 

家族にバレてしまう確率もぐっと低くなるでしょう(^_-)-☆

 

カードの発行後にウェブ会員登録を行うことで、ウェブ明細の閲覧ができるようになるケースがほとんどです。

 

クレジットカードを発行したあとはウェブ会員登録をしてウェブ明細に切り替えておきましょう(;^ω^)

 

 

どこに保管するかも重要なポイント

クレジットカードの発行や明細にも気を配り、やっと手に入れたクレジットカード。

 

しかし、保管場所でミスをしてしまえばあっさりと家族にバレてしまう可能性があります(^-^;

 

女性だと慎重で用心深い方が多いため多少安心かもしれませんが、男性は意外と無頓着で適当に保管してしまうことも珍しくありません。

 

財布の中に無造作に入れておいたり、スーツの胸ポケット、定期入れなどに入れていると奥さんにバレてしまう可能性がありますよ。

 

財布やパスケースなどを奥さんに頻繁にチェックされるという方は十分注意してください・・・!

 

また、高額な買い物をしてしまうとあっさりバレることがあります。

 

当たり前のことですが、いきなり高価な買い物をすると「どこにそんなお金があったのか?」と不信感を抱かれてしまいます。

 

これが原因でバレてしまうというケースも意外に多いですから注意しましょう。

 

高価な買い物をするときには家族からお金のことを聞かれても大丈夫なように、言い訳を考えておく必要があります

 

何の言い訳も考えずにいきなり高価な買い物をしてしまうと痛くない腹まで探られてしまう可能性があります・・・くれぐれも注意してください。

 

 

延滞などは絶対にしないこと

クレジットカードを利用したのなら、当然利用分を月末に支払う必要があります!

 

カード会社が定めている利用料金引き落とし日までに銀行口座へ入金しておく必要がありますし、返済が遅れるとカード利用停止の処分を食らってしまう可能性があります。

 

また、1日や2日程度の遅れならカード会社も連絡してくることはないでしょうが、延滞が続くと携帯電話や自宅の電話に連絡がきますし、督促ハガキも送られてきます。こうなると家族にバレてしまう確率はぐっと高くなってしまいますから注意が必要です。

内緒3

 

家族に黙ってクレジットカードを作ったばかりか、延滞して督促されているとなると家族の不信感は大きなものになってしまうでしょう。

 

妻や夫から離婚を切り出されてしまうかもしれませんし、両親から嫌になるほど叱られてしまう可能性も・・・。

 

また、クレジットカードの支払いを延滞してしまうと個人信用情報機関に情報が登録されてしまいますし、今後ローンなどが組みにくくなってしまうこともあります。

 

家族にも迷惑がかかってしまう可能性がありますから、内緒でクレジットカードを作ったとしても支払いはきちんと行うことが大切です。

 

家族に内緒でクレジットカードを作った挙句に、使い過ぎでお金を支払うことができず督促がきたとなると大変な問題になってしまいます(;´∀`)

 

 

クレジットカードを家族に内緒で作れるか、どうやったらバレないのかということについてお話してきました。

 

ただ、基本はやはり家族にクレジットカードについて理解してもらうことだと思いますし、それが一番の近道のような気もします。

 

内緒で持ち続けるのは精神的にもしんどいものですし、家族をだまし続けることにもなってしまいます・・・。

 

できることなら家族の理解を得てからクレジットカードの発行に踏み切りましょう!