無職でも審査に通る条件

ネットショッピングでクレジットカードを利用するケースも増えてきましたし、従来に比べてクレジットカードを利用するシーンは確実に増えたと考えて間違いないでしょう。

 

また、ポイントを貯めるためにさまざまな支払いをクレジットカードで行っている方もたくさんいますし、現代社会で生活を送っている多くの方がクレジットカードの恩恵に授かっています。

 

しかし、クレジットカードは誰でも作れるわけではありませんし、無職だと当然作れないと思われがちです。

 

本当に無職だとクレジットカードが作れないのでしょうか?

 

クレジットカードの審査基準

 

1

クレジットカードを発行するためには審査を受ける必要があります。

 

クレジットカードを発行する企業によって審査が行われ、それをクリアできて初めてクレジットカードを発行することができるのです。

 

審査を行わずにクレジットカードを発行してしまうと、好き放題使われた挙句に音信不通、一度も支払いをされないまま・・・ということも起こり得ます。

 

そのようなことになるとカード発行元企業としては大問題です!

 

クレジットカード会社が損失を受けないために審査は行われていますし、審査によってカードを発行しても大丈夫な人かどうかを判断しています。

 

 

クレジットカードの審査でどこを重視している?

これは発行元企業によって異なります。

 

一般的には「安定した収入があるかどうか」「過去に金融事故などを起こしていないかどうか」をチェックすると言われていますが、審査基準はカード発行会社によって異なるのが普通です。

 

ただ、「安定した収入を得ているかどうか」というのはもっとも基本的な部分であ、りどのカード発行会社でも重視しているポイントです。

 

つまり、無職でないということがクレジットカードを発行するための第一条件であると考えて差し支えはないでしょう。

 

無職でもクレジットカードは作れる

先ほど「安定した収入があるという部分が重要」という話をしましたが、実は無職だからといって諦める必要はありません。

 

無職の方でもクレジットカードを作る方法はありますし、実際に無職でもクレジットカードを持っている方はたくさんいます。

 

では、どのようにして無職の方がクレジットカードを作るのでしょうか?

 

実家暮らし

実家暮らしをしている方は、定職に就いていなくてもクレジットカードを発行できることがありますから覚えておきましょう。

 

クレジットカードを持っている両親が一緒に暮らしているようなケースだと、さらに審査は通りやすくなる傾向にあります(^^♪

 

もちろん、絶対に審査をクリアできるという保証はありませんが、無職で一人暮らしというケースよりは遥かに審査は通りやすくなると思います。

 

クレジットカードの発行を希望する本人が無職だったとしても、収入のある両親が一緒に住んでいれば返済が行われる可能性は高くなります。クレジットカード会社はそこを評価してカードの発行に踏みきるのです。

 

無職だけどクレジットカードが欲しい、という方で実家暮らしをしている方はチャンスがありますからトライしてみましょう(^_-)-☆

 

夫・妻が正社員として働いている

結婚相手が正社員として働いている、というケースだと本人は無職でもクレジットカードを作れる可能性が高くなります。

 

専業主婦でもクレジットカードを持つことができますが、これは配偶者である夫が正社員として安定した収入を得ているからです。

 

これが両方無職となるとまずどこのクレジットカード会社でも審査は通らないでしょう。

 

また、逆に夫は仕事をしていなくても妻が正社員として働いている場合でも同じように審査をクリアできる可能性は高くなります(=゚ω゚)ノ

 

しかし、、絶対というわけではないことは覚えておきましょう。

 

このあたりの判断はクレジットカードを発行する企業によって判断がまちまちですし、妻や夫が正社員として働いている場合でも審査をクリアできないことはあります。

 

無職で一人暮らしというケースよりは遥かに審査を通る可能性は高くなりますが、最終的にはカードを発行する会社の判断に任せることになります。

 

無職一人暮らしでも諦める必要はない

ここまで読み進めていただいた方なら概ね理解できたと思いますが、クレジットカード会社としては返済が行われないという事態は絶対に回避したいと考えています。

 

支払いが滞ってしまう、踏み倒されてしまうような可能性が高い人にはクレジットカードの発行をしませんし、きちんと返済してくれそうな状況にある方に対してカードの発行を行っているのです。

 

収入のある両親や配偶者と一緒に暮らしている場合だと無職でもクレジットカードの審査に通るケースが多いのは、こうした理由があるからです。

 

しかし、中には「無職で一人暮らしだけどクレジットカードが欲しい」という方もいますよね?

 

先ほどまでの話だと、このような方はクレジットカードの審査に通ることはありませんが、諦める必要はありません(-ω-)/

12

 

審査に落とされてしまうもっとも大きな理由は「無収入」だからです。つまり、収入があれば審査を通過できる可能性はぐっと高くなります。

 

ですので、まずは派遣会社に登録することをおススメします!

 

派遣会社は登録をして働くというスタイルですし、ひとまず派遣会社に登録すれば無職ではなくなります。

 

派遣社員というステータスを手に入れることができますから、審査に通る可能性も高くなるでしょう(^_-)-☆

 

職業欄に「無職」と書いてしまうことが一番ダメなことですから、クレジットカードの審査を受けるときだけでも短期のアルバイトをしたり、派遣会社に登録するなどして無職というステータスを消しておきましょう♪

 

 

 

無職でも作りやすいクレジットカード

現在ではさまざまなクレジットカードが発行されていますが、その中でも審査に通りやすいと言われているカード、難しいと評判のカード・・・いろいろとあります。

 

通販大手楽天グループが発行している楽天カードは審査が甘いと言われていますし、イオンが発行しているイオンカードも発行しやすいクレジットカードだと言われています。

 

できるだけこのようなクレジットカードを狙っていくと、さらに審査を通りやすくなるでしょう♪

 

ただ、先ほどもお話したように完全無職だと厳しいですからそこは理解しておいてください。

 

いくら審査が比較的緩いと言われている楽天カードやイオンカードでも、完全無職の一人暮らしだと審査を通過することは困難と言えます。

 

実家暮らしや配偶者に収入があるのならまだしも、一人暮らしで働いていないという場合は先ほどお話したように、とりあえずアルバイトや派遣社員に登録して無職は解消してください

 

とりあえず無職というステータスさえ消してしまえば、楽天カードやイオンカードなど審査に通りやすいクレジットカードなら発行しやすいはずです。

 

審査に通りやすい状況をあらかじめ作っておき、それから審査の緩いと評判のクレジットカードに申し込むのがベストでしょう

 

 

無職の一人暮らしだとクレジットカードを作ることは難しいですが、とりあえず収入があれば可能性は高くなります。

 

「アルバイトも派遣も嫌!」という方は、とりあえず実家に戻ることも検討してみてはどうでしょう?

 

最終手段ですが、クレジットカードを発行してもらってからまた家を出るという方法もありますよ。