年会費無料と有料・・・それぞれの特徴は?

今やクレジットカードの利便性は多くの人が認めるところとなっています。日常の生活必需品の購入から、海外での利用に至るまであらゆるシーンで活躍してくれるクレジットカードは、一枚は持っておいても損はないといえるでしょう。

 

クレジットカードで支払いをするだけでお得なポイント制も利用できるため、現金で支払うよりもお得な特典もついてきます。また、クレジットカードにはキャッシュ枠もありますので、急な出費でお金が必要になってしまった時なども安心ですよ。

 

クレカ2

 

計画に利用すれば、お得なことがたくさんあるのがクレジットカードの強みと言って良いでしょう(@^^)/

 

では、どのようなクレジットカードを所有すれば良いのでしょうか?

 

数々の種類の中から選ぶ際にまず悩むのは、年会費があるかないかの違いです。どちらがお得なのかそれぞれの特徴を把握しておきましょう☆

 

年会費無料のクレジットカードの特徴

年会費無料にクレジットカードは、大変申し込みやすく感じますよね。使用する、しないに関わらず、年会費が発生するクレジットカードを発行するよりも気楽に申し込むことができるはずです。

 

年会費無料のカードの一番の魅力は、やはりその「気軽さ」にあるといってよいでしょう。クレジットカードを初めて持つ方にとっては「試しに一枚持ってみよう♪」という感覚で申し込むことができますよね。

 

初年度のみ年会費無料のカードもあれば、永年年会費無料のカードもありますので申し込みの際にはこの点も確認しておきましょう。

 

ただし、年会費無料のクレジットカードはポイント還元率の面から行くと、年会費有料のクレジットカードよりも劣る傾向があります(-_-;)

 

年会費有料のクレジットカードの特徴

年会費有料のクレジットカードとなると、確実に利用すると思えるカードでないとなかなか申し込みにくいかもしれません(;´・ω・)確かに年会費無料というお得感に比べると、年会費有料は手が出しにくいと感じてもおかしくはありません。

 

ただし、頻繁に利用するメインのクレジットカードとして利用する予定であれば、ポイント還元率が年会費無料のクレジットカードに比べて高いため、年会費分はあっという間に元が取れてしまうということも少なくありません。

 

さらに、年会費無料のカードに比べて付帯するサービスの内容が充実していることが多く、クレジットカードのサービスを十分に使いたいと思われている場合は年会費有料のカードのほうがニーズに沿う可能性は十分にあります☆

 

 

どちらのカードが良いのか

年会費有料のカードも無料のカードもそれぞれに特徴がありますので、一概にどちらがいいと決めることはできません。利用する側のニーズに応じて選んでいくのが一番です!!

 

注意しなければいけないのは、年会費無料だと思って申し込んでも途中から有料に自動的に切り替わる場合や、入会や年会費が無料でも退会にお金がかかる場合です。

 

さらに、年会費無料のカードは気軽に申し込めるものの、それが審査の甘さと比例しているわけではありません。クレジットカードの審査は、年会費の有無にかかわらずしっかりとなされるケースがほとんどですので、申し込み事項などは漏れの無いようにしっかりと記入しましょう。

 

また、申し込むクレジットカードが、普段利用するお店でのポイントが優遇されていたり、様々な割引などの特典が受けられたりする場合もあります。そのような場合には年会費がかかるカードだとしても、その分を大きく上回るほどお得な買い物ができるようになる可能性もあります♪

 

自分の生活スタイルや買い物の状況に応じて一番お得に使うことのできるクレジットカードを選んでおきましょう。

 

さらに、付帯サービスの内容を重視して、そのサービスを利用するためだけにクレジットカードに申し込むのもアリです(*´▽`*)そのような場合には、年会費が有料でその分はマイナスになったとしても、付帯サービスの利用で年会費以上の価値をそのカードに見いだせるかもしれません。

 

こうした点を考えると、一概に年会費無料がいいとも、年会費有料がいいとも言えません。まずは、自分がクレジットカードに何を望むのか、どれくらいの利用頻度が予想されるのかなどを分析することが大切かもしれません。

 

どうしても決められない場合・・・

クレジットカードの特典は様々です。

 

ガソリンカードといわれるそれぞれのガソリンスタンドで申し込むことのできるカードは、ガソリン代を安くするために大きな力を発揮しますし、収入がない人でも発行されるなどその所有のしやすさが特徴のクレジットカードもあります。年会費無料のカードでも、ネットショッピングの際には年会費有料のクレジットカードをしのぐポイント還元率を誇るものもあります。

 

そのような場合に、いろいろな用途で、それぞれ一番お得なクレジットカードを作りたくなりますよね!

 

クレジットカードは一人一枚しか持てないというルールはありませんので、迷うときには複数枚クレジットカードを持つのも良いかと思います。メインで使うカードを一枚決めるというよりは、使うケースによって利用するクレジットカードを使い分けるという考え方です!(^^)!

 

複数枚のクレジットカードを持つ場合、それぞれに適正な管理が求められますが、しっかり管理して利用することができれば、大変お得な使い方ができるでしょう♪

 

利用店舗数の多さで選ぶ

利用できる店舗数が多ければ、それだけメインのカードとして使える可能性が高まります♪海外旅行を頻繁にされる方には、海外の利用に強いクレジットカードを選ぶこともできます。

 

こうしたクレジットカード会社のそれぞれの強みを理解して申し込みのカードを選ぶのもよい方法といえるでしょう。

 

発行されるまでの時間で選ぶ

さらに、クレジットカードがどれだけ早く発行されるかも決め手になりえます。

 

もしも、海外旅行直前などで急いでクレジットカードが必要になる場合、即日発行できるクレジットカードを優先的に選ぶとよいでしょう。

 

即日発行するにはたいていの場合、受け取りできるサービスカウンターなどが最寄りにないと厳しいかもしれません。自分の住んでいる地域によって即日で入手しやすいカードかどうかも変わりますので、事前にチェックしておきましょう。

 

審査の甘さで選ぶ

さらに、主婦や学生など収入がないか、非常に限られている方の場合は、一番優先すべきなのは審査の甘さといえます。

 

審査が厳しいと、年会費無料か有料か・・・以前に審査に落ちてしまう確率が高まります(;´・ω・)審査が甘く、発行されやすいカードを優先的に選んでとりあえずクレジットカードを持ってみるのも一つの良い方法といえるでしょう。

 

事前に情報を集める時間があるならば、トラブルに会った際の各クレジットカード会社の対応について調べてみるのもお勧めです。各社の対応は、年会費が無料だからといって悪いわけではありませんし、有料だからといって高品質の対応が保証されているわけでもありません。ネットでは数々の口コミの評判も確認することができますので、参考にすることもできるかもしれません。

 

 

このようにクレジットカードは年会費がかかるかかからないかの他にも検討する事柄がたくさんあります。

 

年会費が有料だからといってその分損してしまうということでも、単純に年会費がかからないからお得なカードとも言えません!

 

ですので、自分の使用範囲や利用予想金額などを予測しつつ、自分にとってぴったりのカードを探していきましょう(@^^)/